リンパ腺について解説
リンパ腺の痛みや腫れる原因について解説しております。
スポンサードリンク

トップページ >リンパ腺癌

リンパ腺癌

リンパ腺癌とは、どんな病気なのでしょう?

癌リンパ腺癌に気付くきっかけとなるのは、多くの場合、リンパ腺の腫れです。
首や腋、股など、比較的大きなリンパ腺がさらに肥大するため、症状に気付いて受信する人が多いようです。

リンパ腺に関する病気の中で最も怖いと言われる悪性リンパ腫について、解説します。

症状

癌この病気はリンパの調節機構に何らかの異常が発生し、正常な働きが維持できなくなる症状を言います。

通常、癌細胞は一つの組織に発生すると周辺に少しずつ転移していくもので、初期に発見できれば病巣の摘出だけで完治する事も可能です。

しかし、リンパは全身をゆっくりとですが循環しています。
リンパ腺癌にかかると、癌細胞もリンパ液と共に全身を循環してしまうため、転移が起こりやすく、切除による治療も行えないため、厄介だと考えられています。

リンパ腺癌治療

治療は、主に抗がん剤などによる投薬治療、骨髄移植などが行われています。
発見が初期の場合は症例によっては80%が生存できるとも言われているため、早期発見が大きなポイントとなります。

もし、日常生活で上記部分に違和感を覚える、しこりがあるのに気付くなどしたら、早急に医療機関で診察を受ける事をおススメします。