リンパ腺について解説
リンパ腺の痛みや腫れる原因について解説しております。
スポンサードリンク

トップページ >リンパ腺が痛い

リンパ腺が痛い

リンパ腺が痛いと感じる原因には、幾つかあります。
もっともよくあるケースが、風邪菌やウィルスなどが体内に侵入した場合です。

痛みリンパは、人間の体内に侵入した病原菌などを免疫力で攻撃する、いわば門番のような役目を果たしています。

リンパ管は全身に広がっており、そこから不要になった体液を老廃物として取り込み、血液に変えて循環させる事で処理しています。

免疫力が十分にある時は、病原菌はすべて死んだ状態でリンパに吸収されますが、病原菌の勢いが強いと攻撃が間に合わず、病原菌がリンパと共に全身をめぐる事になります。

痛みの仕組み

リンパ腺痛みリンパ液はリンパ腺に集まりやすいため、多くの病原菌が集まって炎症を起こし、リンパ腺が痛いと感じる原因になると言う仕組みです。

リンパ腺が痛い時は、痛む場所を冷やすなどする事で、痛みを軽減する事が可能です。

通常は、風邪ならば風邪、ウィルスならウィルスが体内からいなくなる事で、痛み自体もなくなります。
炎症が長く続き、慢性化すると、リンパ腺炎となってしまうので注意が必要です。

期間

痛みや熱を伴うリンパ腺炎では、抗生剤などによる投薬治療が行われます。
時間がかかる事もありますが、大抵は一年以内で改善すると言われています。

リンパ腺の痛みには、どんな治療が有効でしょうか。
場合によっては日常生活が困難になるほど痛む場合もあるので、できるだけ早めに治療したほうがよろしいですね。

主な原因

原因リンパ腺の痛みは、リンパ腺自体に炎症が起こっている事が原因です。
身体のどこかが病原菌に侵され、それに対する免疫反応が活発になると、リンパ腺自体が腫れる事があります。

さらに病原菌がリンパの中にまで入り込む事で炎症が起こり、痛みを伴うのです。

炎症を起こしている原因となる病原菌が体内からいなくなれば、自然と痛みも引いてきます。

治療方法

リンパ腺基本的には経過を観察しながら、自然治癒を待つ事になりますが、あまりに痛みがひどい場合は、痛む場所を冷やしてあげると良いでしょう。

特に首回りのリンパ腺は傷みやすいので、保冷剤などを使うと有効です。
発熱を伴う場合は、冷やす事で症状を改善する効果が期待できます。

抗生剤も有効な手段です。
長期間リンパ腺の痛みや腫れが引かない場合は、抗生物質が処方される事もあります。

一方で、控えた方がいいのはマッサージです。
炎症を起こしているリンパ腺に外部から無理な刺激を加えると、更に症状を悪化させてしまう事になります。

周辺の血行を良くするマッサージは問題ありませんが、患部には決して触れる事のないよう注意しましょう。