リンパ腺について解説
リンパ腺の痛みや腫れる原因について解説しております。
スポンサードリンク

トップページ >リンパ腺が腫れる原因

リンパ腺が腫れる原因

腫れリンパ腺が腫れる原因は、主に病気でウィルスや細菌が人体の内部に進入することです。

ウィルスや細菌が人体内部に入り込むと、リンパ内の病原菌を殺すために、リンパ節という部分に病原菌を集め、攻撃することにより消滅させていきます。

この時、リンパ節は水門のような役割を果たします。体内に流れているリンパを一時的にせき止めるからです。リンパがせき止められるため、リンパ節は膨らんで行き、リンパ腺の腫れ原因になります。

主な原因

体調リンパ腺の腫れ原因には、細菌の侵入の他に、悪性腫瘍による場合があります。悪性腫瘍ができるとがん細胞はリンパを伝って移動を始めます。

悪性腫瘍が体のあちこちに転移するのはそのためです。この場合もリンパ節が炎症を起こし、がん細胞をせき止め、リンパ腺の腫れ原因になります。

がん細胞に対する攻撃

知られていない事実として、がん細胞は毎日体内で発生していますが、リンパ内を移動する場合も体内の免疫機構により、がん細胞に対する攻撃が加えられるため、がん細胞はすべて死滅しています。

リンパ腺のその他の腫れ原因には、外傷による場合があります。けがをすると、ケガ口から細菌が入り込むため、病気の時と同じようにリンパ節が腫れを起こす事で発生します。