リンパ腺について解説
リンパ腺の痛みや腫れる原因について解説しております。
スポンサードリンク

トップページ >リンパ腺痛み

リンパ腺痛み

痛みリンパ腺は風邪などをひくと、リンパ節が炎症をおこすため、痛みを感じます。腫れがひどくなると痛みも強くなりますから、不快感が増します。

中耳炎などが原因でリンパ腺が腫れ、痛みを伴うことがあります。耳周辺のリンパ腺に痛みや不快感がある場合には、中耳炎や外耳炎を疑います。
これらの症状は風邪で高熱を出した時に発生する可能性があります。

リンパ節との関係

ウィルスリンパ節は、ウィルスなどの侵入を感知すると炎症を起こして、リンパの流れを止める役割を果たします。この時にリンパ内では、ウィルスとの闘いが行なわれています。

しかし休息を取ったり、薬を服用したりすることで、やがて症状が収まっていきます。症状が収まるにつれて、ウィルスは死滅することで、安全弁の役割をしているリンパ節は、徐々に腫れや痛さがひいていきます。

痛みを伴わない病気

リンパ腺の炎症が起きるものの、痛みを伴わない病気があります。
それは悪性腫瘍です。がん細胞はリンパによって転移を続けていきますが、風邪などの症状の場合と異なり、気付かないうちに転移を続けるという特徴があります。

検査でがんが発見された時に、他の臓器に転移している場合があるのは、ほとんど痛さを感じないことが理由として挙げられます。