リンパ腺について解説
リンパ腺の痛みや腫れる原因について解説しております。
スポンサードリンク

トップページ >リンパリンパ腺風邪

リンパ腺風邪

リンパ腺は風邪を引くと炎症を起こし、腫れ上がります。腫れの大きさは、喉に現れる場合に、手で触るとそら豆大に腫れているのがよく分かります。

その理由は風邪により体内にウィルスや細菌が侵入すると、リンパ内で細菌などを死滅させるための闘いが行なわれるため、リンパが腫れを起こすからです。

体調を崩した場合には、喉のあたりに触れて炎症が起きていないか確かめる事ができます。

細菌との関係

風邪このような現象はだれにでも起こるため、リンパ腺が腫れると風邪を引いてしまったとだれもが判断することができます。

リンパ腺の腫れがなかなか引かない理由としては、その体調をこじらせてしまうことが深く関係しています。

一旦こじらせてしまうと、体内には病原菌が居座り続けるため、すべての細菌を死滅させることはなかなかできなくなるからです。

リンパ腺と風邪の関係

リンパ腺と風邪は、切っても切れない関係にあります。体調を崩してしまった場合にゆっくり休むことが勧められるのは、体の内部で起きている免疫機構が正常に働き、細菌を死滅させるためです。

しっかりと休みを取ることで体の免疫機構が正常に働くようになります。リンパ腺と風邪の関係を理解しておくならば、喉に炎症による腫れができた場合に、しっかり休むよう促されるはずです。